寝屋川市の整体は「ぱんだ鍼灸接骨院 寝屋川院」へ

捻挫

 

なぜ、こんなにも 
多くのアスリートから
支持されるのか?

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • スポーツで関節を捻った。
  • 関節が腫れて動かすのも痛い
  • 捻挫をしたけど近い日に大事な試合がある
  • 腫れは引いたけど、歩行時の痛みが取れない
  • 湿布を貼って対処しているがなかなか改善されない
  • 医者から安静にするように言われたが、それが困難な人

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

多くのカラダの専門家が 当院を推薦しています

 

当院は多くの雑誌で紹介される 関西で有名な整骨院です

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも捻挫

改善されるのか?

 

他で良くならない理由

痛めた膝

捻挫の対策として、とにかく安静!というがオーソドックスです。
しかし捻挫の度合いや、捻挫の種類によっては安静にすると、かえって症状が良くなりにくい場合があります。
なぜなら、捻挫の痛みというのは痛めてすぐの炎症の痛みで、炎症が引いてから残る痛みは筋肉や骨のバランスが悪くなって残るものが多いのです。
それを分からずにとにかく安静にし続けていると良くなりますがとても時間がかかる、もしくはずっと違和感や痛みが残るとなってきます。

結局、痛めた所はその人の血液が改善させます。なので安静にしていると血液の流れが悪くなってしまい、改善しにくくなってしまいます。

だからこそ、動かしながら身体を良くしていく方が症状改善への近道なのです。

 

 

症状についての説明 

痛めた膝

各関節には、骨と骨を繋いでいる「靭帯」という組織があります。その靭帯の付いている骨、もしくは筋肉同士が引き離され靭帯が損傷や断裂してしまい炎症が起こります。
その時に安静時痛や、動作時痛を伴います。

捻挫に関しては、
I度、II度、Ⅲ度と分類わけされています。
●第I度
靭帯の損傷も、軽度で特に安静時の痛みや、腫れもなく、圧痛や運動障害も少ない状態。
●第Ⅱ度
靭帯が部分的に断裂しており、痛みも強く不安定性や、運動障害がみられる。
●第Ⅲ度
靭帯の完全断裂があり、関節の不安定性、運動障害が著名にみられる状態。
関節によっては、脱臼や骨折を伴うこともある。

◯検査

どのように痛めたかを聞き取り、視診、触診、検査法を用いて症状の鑑別を行います。
それにより、患部が何度の損傷で、どのような状態かを判断していきます。

 

 

原因

痛めた膝

捻挫の原因として、下記のものが挙げられます。
・スポーツをしている方
・階段を踏み外した
・転倒し手をついた

●スポーツをしている方

スポーツに関しては、急な動きや予測のできない動きをした時に、足関節の捻挫を起こすことが多いです。とくにサッカー、バスケなどの急に走る、急に止まるという動きが多いスポーツで起こります。

●階段を踏み外した

急いでいたり、雨で足元が滑りやすくなっている時に、踏み外し足首が内側に捻ることが多いです。

●転倒し手をついた

転倒し咄嗟に手をついた際に関節に負荷がかかり靭帯が引っ張られ痛めてしまいます。

いくつかご紹介しましたが、総じて言えることは「関節が耐えれる負荷以上の急な外力がかかること」が原因だということです。

なので、普段からストレッチを行い可動域を広げておくことと、筋力をつけて負荷に耐えれる身体を作っておくことが大事だと言えます。

 

 

当院での改善法

施術

当院では捻挫に対する施術として、

1.まずは患部の炎症を引かすことが最優先になります。

腫れや熱感が著明な場合は、アイシングを施し、患部を冷却し不安定性が強くある場合はサポートする様にしっかりテーピングにより固定していきます。
程度によりますが、患部付近の筋肉や関連する筋肉に関しては筋緊張が強くそれが原因で改善しにくくなってしまうので、ほぐしていきます。
そして全身の血流を良くしていくために、矯正治療も併せて行い根本からの改善をしていきます。

2.日常生活での負担を軽減していく

関節、筋肉に対する施術を行って一時的に良くなったとしても、同じように負担をかけ続けていてはまたすぐに痛み戻ってしまいます。
ですので、日常生活で負担がかからないように身体の使い方の指導を行っていきます。
しかし、お仕事や育児の都合上どうしても負担をかけないといけない場面が出てしまう方も少なくないと思います。
その場合、日常生活の中で関節の負担が大きくならないようにテーピングを行い、日常生活における筋肉、関節への負担を少しでも軽減出来るよう処置します。

3.再発予防

1度捻挫を起こすと、損傷した靭帯が伸びてしまい、捻挫のしやすい身体になってしまうことがあります。
伸びきった靭帯に関しては、戻ることは考えにくいのでその周りの筋肉でカバーしていくしかありません。
なのでその痛めた付近の筋肉をトレーニングにより出来るだけ正常な状態に戻していきます。

など、手首や指の使いすぎに対する再発予防に繋げることが出来ます。
冒頭でもお伝えしたように、根本改善が出来て初めて「治療」です。そして、根本改善の為には、症状の再発予防が必須です。
当院では、根本原因であるインナーマッスルの弱体化の対策を初め、ご自身で出来る筋肉のストレッチ法や一人一人に合わせた施術・生活習慣の改善をご指導させて頂いてます。
そのため、今まで良くならなかった症状が改善されたというお声をたくさん頂いております。
少しでも気になる症状をお持ちの方、または周りにお身体にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院へ一度ご相談ください。

 

 

施術費(保険施術料金)

各種保険ご利用いただけます。保険施術による料金は厚生労働省の定める料金です。

※慢性的な(原因が分からない)痛みに関しては、健康保険適用外の場合がありますので、一度ご相談ください。

 

背骨・骨盤矯正(自費施術料金)

1回3,300円

 

鍼灸施術

保険適用の場合(3割)初回920円
2回目以降480円
自費の場合1回1620円

 

tel:0728286663予約フォームMAP

 

 

bnr-C-2

 

 

他院とはどこが違う?

↓

当院の
9のメリット

 

1.初回約20分のカウンセリング・検査で徹底的に分析

カウンセリング

症状の根本改善のためには、原因を特定する事が一番の近道です。時間をかけてしっかり調べていきます。

 

 

2.わかりやすいと評判!納得・理解できる説明

説明

あなたの身体の状態を、専門用語を使わず丁寧にご説明します。不明な点は何でもご質問ください。

 

 

3.お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術

施術

豊富な知識と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へ導きます。

 

 

4.身体に負担の少ない優しい施術

施術

お子様から妊娠中の方まで受けて頂ける、身体に優しい施術です。

 

 

5.アフターフォローも充実!再発予防もお任せ

アフターケア

施術効果を更に促進させ、再発を予防するため、食事や睡眠、体操・ストレッチなどセルフケア指導にも注力。LINE@で相談も可能です。

 

 

6.トレーナーとして芸能人やアスリートのサポートも

アーティストのMINMIさん主催のライブや国体選手・社会人チームのトレーナー

アーティストのMINMIさん主催のライブや国体選手・社会人チームのトレーナーとしても活躍しております。

 

 

7.キッズスペース完備!お子様連れも大歓迎

キッズスペース

小さなお子様連れの方もお気兼ねなくご来院下さい。

 

 

8.女性の方も安心!女性施術者が在籍

施術

女性のお客様がリラックスして施術を受けて頂けるよう、女性スタッフも在籍しております。

 

 

9.予約優先制だから待ち時間もありません

受付

お客様をお待たせする事がないよう、予約優先制を採用

 

 

施術費(保険施術料金)

各種保険ご利用いただけます。保険施術による料金は厚生労働省の定める料金です。

※慢性的な(原因が分からない)痛みに関しては、健康保険適用外の場合がありますので、一度ご相談ください。

 

背骨・骨盤矯正(自費施術料金)

1回3,300円

 

鍼灸施術

保険適用の場合(3割)初回920円
2回目以降480円
自費の場合1回1620円

 

tel:0728286663予約フォームMAP

 

 

捻挫の症例レポート

「足関節捻挫Ⅱ度の患者様症例」

初診
バレーボールをしているときに、無理な体勢でボールを取りに行き踏み外した際に内側に捻られ右の足関節の靭帯が引き伸ばされて痛めました。

靭帯部分の圧痛が強く、安静時痛や腫れも著名でした。前後の関節動揺性はみられませんが、左右の動揺性と不安感がありました。

施術後、安静時の痛みが半分になり、歩行時痛が軽減しています。
その後不安定性を、取り除く為にテーピングで患部を固定しました。それにより歩行時痛がほどんど無くなりました。

2診(1日後)
朝には、安静時痛が軽減し、動作時痛、圧痛のみが残存していました。
施術後は、大きく足踏みや軽くジャンプはできるようになっていました。

38歳の女性(事務職)

※効果には個人差があります

「指関節捻挫(突き指)の患者さま」

初診
体育の授業中にバスケットボールが当たり、突き指。熱感、圧痛、腫れが激しく、安静時の痛みもと良かったです。

まずはアイシングし、患部をしっかり動かす施術をしました。関節同士を動かしたり、近くの筋肉や腱をほぐしていきました。
最初あった痛みは半分になり、可動域も50%くらい増えました。
本来なら固定するところ、血液やリンパの流れを良くするテーピングをするくらいで固定はしませんでした。

2診(2日後)
腫れが半分くらいになり、安静時の痛みもほとんどなくなりました。
屈曲時痛、圧痛が強く残っています。
この日は肩まわりからほぐしていきました。
痛みでいうと初診から三分の1くらいになっています。

3診(5日後)
ほとんど痛みがなくなり、圧痛と伸展時痛のみとなりました。
肩まわりからしっかりほぐして動かすように伝えています。

13歳の男の子

※効果には個人差があります

 

寝屋川市の整体は「ぱんだ鍼灸接骨院 寝屋川院」へ PAGETOP